安直簡単ロックンロール(ギター編)

「暗黒礼賛ロックンロール」奏法解説 by犬神情次2号

【イントロ】

 この曲のキモとなるリフだ!
 コツは、弾きたい弦以外は左手で軽く触ってミュートすること。6弦は親指で。その他の弦は、例えば5弦4弦の4フレットを押さえる場合、薬指の腹の部分で押さえることになると思うんだけど、3~1弦は薬指の腹以外の部分で軽く触れてあまり音が鳴らないようにする。そうすることで2本の弦だけを弾くと意識しすぎずに、ピックをダイナミックに振り抜いてカッコよく演奏することができるんだ!
 もちろん「なんとなく弦を2本だけ弾く」という技術も重要にはなってくるので、「左手ミュート」と「狙った弦をピッキングする」という2点を意識して練習してみてほしい。
 ただ、あんまり縮こまって譜面通りに演奏しようとするよりは、多少余分な音が出てもワイルドに弾いちゃった方がカッコイイぞ!

 それから難しいのは、キメの部分の3弦と4弦の4フレットを同時にチョーキングするダブルチョーキングだね。ここは半音だけチョーキングすればいいから、そんなに力んで弦を持ち上げようとしなくていいんだ。むしろ「やってますよ」って雰囲気だけでも大丈夫なくらい(笑)。練習してればいずれ持ち上がるようになるから、まずはリズムキープだけしっかりできるように練習してみてくれ!

【Aメロ】

 右手の側面でチョップするようにミュートしてのズンズンズン、からのリフの1部という繰り返しだ。
 そのズンズンズンとリフの切り替えの部分は練習して動きを体に叩き込むしかないんだけど、それ以外はそんなに難しいことはないと思う。
 あとは右手のミュート具合やピッキングの強さを調節してクレッシェンド(だんだん大きく)させて行ったり、自分なにり表情をつけてみてくれ!

【サビ】

 イントロと同じだからここはいいよね。ただ、ライブではコーラスしながら弾かなきゃならないので歌いながら弾く練習をしてみてくれ!

【語り部分】

 基本的にはF#7のコードを弾いていれば良い。譜面ではずっと6弦ルートのF#7を弾いていることになってるけど、僕はライブでは3個目からは5弦ルートのF#7を弾いてるよ。理由は、なんとなくその方が良いからだ!!
 まあ音源では重ねてて2本のギターで違うことを弾いてたりするし、この辺は各々の解釈で、とにかくF#7のコードを弾いてさえいれば構わないよ。

【ギターソロ】

 ダブルチョーキングからスタートだ!ここはイントロのキメの部分と違ってしっかり1音上げなきゃいけないんだけど、2弦3弦の16フレットということで高音弦だしフレットの間隔も狭く、弦のテンションもやわらかいところだから、比較的やりやすいんじゃないかと思う。
 チョーキングを多用したソロだけど、STAGE-2の【チョーキングとビブラート】の項目を今一度見直してチャレンジしてみてほしい。
 最初は音をなぞるだけで良いけど、慣れてきたらちょっとスライドしてから押さえたり、空ピッキングを入れたりして雰囲気を出していけると良いだろう。
 ほぼダウンピッキングだけで弾けるソロだけど、僕はチョーキングした後に高音弦を弾くような部分、例えば、2弦12フレットをチョーキングした後の1弦12フレットを弾くところや、3弦6フレットをチョーキングした後の1弦7フレットを弾く際だけアップピッキングしてるよ。
 リズムキープが大事だから、慣れてきたら常にピックを八分で振っているようなイメージで、必要なところだけ弦を弾くような感じでピッキングできるといいね!
 グリッサンドからリフに上手く戻れるとカッコイイぞ!

エンディング

ここもF#7のコードを弾いてればOKだ!

いろいろ言葉で解説しても伝わりきらないところがあると思うから、もう動画を撮ってみたよ!失敗したくないから硬い演奏になってる上、ほんのりミスタッチもあるけど(笑)。参考にしてみてくれ!!