華麗になまえ! by犬神明

バンドを組んだらバンド名を決めよう。
バンド名というのは、そのバンドのコンセプトを現す符号だ。
安易なバンド名をつければ安易な演奏をするバンドという印象を与えるし、難解なバンド名をつければ難解な音楽をやりそうな印象を与えてしまう。
もちろん不真面目なバンド名をつけておきながら真面目に演奏するという、あえて逆を狙うようなパターンもあるわな。
バンド名が決まればHPを作って告知が出来るし、グッズを作って盛り上がったりできるから楽しいぞ!
なるべくならインパクトがあって憶えやすいものがいい。
みんなギリギリなところを狙うんだけど、なるべくなら次のような名前はやめた方が良い。

えげつないほどの下ネタな名前

下ネタや隠語というのはカッコいいしインパクトがあるんだけど、行き過ぎると下品になって「聴く気がしない」と思われてしまう。そうなると残念だろう?

特定の宗教や思想を攻撃する名前、またはそう解釈される可能性のある名前

宗教や思想をイタズラに刺激する名前をつけたために、その団体とトラブルになってスムーズな活動ができなくなることもある。
こうなると色々と面倒なので、よほど強い意志がない限りは避けたほうがいいだろう。

現在どこかで使用されてる名前、また過去に使用された形跡のある名前

他バンドと同名になってしまった場合は間違いなく混同される。
それがすでに解散してるバンドだったとしても再結成したり過去の音源が発売されたりすることもあるので、名前をつける前に他と被ってないかよく調べてみよう。

『犬神サアカス團』というネーミング

ご存知の通り「犬神サアカス團(犬神サーカス団)」という名称は俺がリスペクトする寺山修司の映画「田園に死す」に登場するサーカス一座の名前がもとになっている。
だが、映画の中で犬神サアカス團という名前が音声で語られることは一度もないんだ。
いくつかのシーンで「犬神サーカス」や「犬神サーカス團興行」といった文字が書かれた看板が登場するだけ。
しかし熱心な寺山ファンなら、この名前にピンとくるはず。
寺山修司主宰の劇団「天井桟敷」の初期の演目には「犬神」「時代はサーカスの象に乗って」といった芝居があるように、寺山作品のコンセプトには「犬神」と「サーカス」は欠かせない単語なんだ。
特定の文化を愛好する人たちに自分の音楽作品を聴いてもらうには、その愛好家にしか通じない言葉を使うのは常套手段だよ。
俺は犬神サアカス團(犬神サーカス団)という名前をつけることで、まず寺山修司~アングラ周辺文化のファンにターゲットをしぼって存在をアピールしたんだ。

コピバンのネーミング

コピバンをやる上で大切なのは、コピーするバンドへの愛情を打ち出すことだ。愛情が屈折して反抗する結果になってる場合もあるけどな(笑)。とにかく誰のコピバンなのか分かるものが良いね。そんなコピバンのバンド名を大別すると「コピーするバンドのバンド名をもじったもの」「コピーするバンドの曲名」「コピーするバンドの傾倒する文化を想起させるもの」などが挙げられる。それぞれ考察してみよう。

コピーするバンドのバンド名をもじったもの

例えばラテン音楽のレーベル「ファニア」のミュージシャンが勢揃いしたとき「ファニア・オールスターズ」という名前だったんだけど、「サザンオールスターズ」や「はにわオールスターズ」というバンド名はそれをもじってつけられているわけだ。
またレッド・ツェッペリンの曲をレゲエ・アレンジで聴かせる「ドレッド・ツェッペリン」や、女性メンバーで構成された「レズ・ツェッペリン」といった名前はセンスが光ってるね。
フォーク・クルセイダースが「水虫の唄」をリリースする際、ビートルズをもじって名付けた「ズートルビー」(ずうとるびとは別)。
セックス・ピストルズをさらに過激化させた「セックス・マシンガンズ」。
オールマン・ブラザーズ・バンドと道徳心を掛け合わせた「大事MANブラザーズ・バンド」など、こういう遊び心は楽しいんだよね。
で、本題に入るけど犬神のコピバンならば「犬神サアカス團」をもじって「○○サアカス團」とか「○○サーカス団」とか考えられるよね。
○○にはメンバーの苗字を入れてもいいけど、もし苗字が「木下」や「木暮」だったりするなら、それは辞めておこうな(笑)。

コピーするバンドの曲名

曲名から拝借したバンド名というのは意外に多いものだよ。
例えば「ハウンド・ドッグ」はエルビスのヒット曲。
「ZIGGY」はデヴィッド・ボウイの名曲「ZIGGY STARDUST」から。
辻仁成さんの「エコーズ」はピンク・フロイドの超大曲。
海外でもイギリスのバンド「ディーコン・ブルー」はスティーリー・ダンの名曲「ディーコン・ブルース」から。
アメリカのメタルバンド「ファイヤーハウス」はもちろんKISSの名曲(ステージで火をふく時の曲)からだ。
元ネタを知ってると、そのバンドのルーツやコンセプトの深いところが理解できたりするもんだよな。
犬神サアカス團の場合、バンド名になりそうな曲名はあるかな?
「この世の終わり」だと「SEKAI NO OWARI」のコピバンと思われちゃうな(笑)。

コピーするバンドの傾倒する文化を想起、彷彿とさせるもの

例えばサーファー達に支持されたベンチャーズやビーチボーイズのコピーバンドならば「オフザリップ」「アップス&ダウン」といったようなサーフィン・テクニックの名称や「ワイキキ」「ムンダカ」といったサーフィンの盛んな地名をつければ一目おかれるというもの。
犬神サアカス團は寺山修司のリスペクトバンドなので、寺山~新宿アングラ文化を彷彿とさせる名前にするのもいい。
あえて寺山修司でなく、三島由紀夫や大島渚や唐十郎(または状況劇場)や土方巽の作品や演目からもってきてもいい。
これは間違いなくクロウト受けする。
また犬神サアカス團の曲には「花嫁」「エナメルを塗られたアポリネール」「基準停止装置」「基準停止線の網目」といったマルセル・デュシャンの作品名をタイトルにしたものもあるので、デュシャン~ダダイズムっぽい名前もいいだろう。
とてもセンスのいい名前のつけ方なのだが、知識や興味のない人にはまるでカッコ良さが通じないので、そこは最初から「それでもいいのだ!」とする覚悟が必要だ。