気ままな個人練習を/ギター編

ギターを弾いてみよう! by犬神情次2号

 まずはギターを持ってみよう。
座って弾くなら、少し開いた右足にボディの窪みを乗せても良いし、足を組んでも構わない。床に胡座でもいいだろう。
 慣れるまでは座って弾きやすいように弾いていて構わないが、いずれはストラップを肩にかけて立ってみて欲しい。
初心者の頃は立つとギターが揺れて弾きづらいと思うけど、ライブでは基本的に立って演奏するんだから、徐々に慣れた方が良いね。
 立って弾く場合、ストラップの長さは「一番カッコよく見える長さ」が理想だ。
ストラップが短い=ギターの位置が高い方が弾きやすいけど、日本人体型で、レスポールタイプのギターを持っているなら、少なくとも股間のファスナーが隠れるくらいの位置で持たないとサマにならないぜ!
ギターはカッコイイから弾くんだ。忘れるな!

弾き方を説明する上で必要になってくるから、ギターを眺めて各部の名称をなんとなく把握しておいてくれ!

【チューニングの仕方】

まずはチューニングだ。チューナーを使って、ヘッドのペグを回して音を合わせるんだよ。
ペグを回して弦を緩めれば音が低くなるし、よりピンと張れば音が高くなる。
太い弦からミラレソシミと合わせよう。
一番太い6弦のミと細い1弦のミは2オクターブ違うぞ!
注意点としては、音を合わせる際は必ず弦を引っ張る方向にペグを回して合わせるようにしよう。
緩めながら音を合わせると、弾いてるうちにもっと緩んできちゃったりするんだ。気をつけろ!

【ピックの持ちかた】

右手人差し指の側面にピックを乗せて、親指の腹で押さえる感じで持てばいい。
親指の腹の中心をピックの中心に合わせる感じにすれば、弦を弾く先端部分も適切な長さになってるはずだ。
注意点としては、絶対に親指は内側に曲げないこと。
指が逆に反るなら反ってるくらいの方が正解だ。
力むとどうしても内側に曲がっちゃうものだけど、ピックに変な角度がついてしっかり弦を弾けなくなるから気をつけろ!

【左手のフォーム】

指の太さや長さ、手の大きさによってできることが変わってくるから、こればっかりは各々で工夫してみて欲しい。
僕は細い弦を弾く時はネックを握り込む感じで、コードや太い弦を弾く時は親指をネックの背の方に持って行く感じで使い分けてるね。ただ、どんな押さえ方や握り方であっても目指すところは一緒で、

・全ての指の押さえる力をできる限り均一に
・なるべく無駄のない動きで

この2点のみ注意していればいいだろう。
最初は指も開かないだろうし不恰好になるかもしれないけど、弾いてりゃ徐々に慣れてくるから大丈夫。
全ての指が常に指板の上にあるようなイメージで弾けるように練習してくれ!
例えば、薬指と小指を独立して動かせなくて、薬指で押さえてる時に小指が明後日の方向に行っちゃってたりピーンと立っちゃってたりしたら要練習だ。
いろんな人の動画を参考にするといいゾ!

【パワーコードを弾いてみよう】

多くのロックギターのバッキング(伴奏)やリフ(主に伴奏で弾く繰り返しのフレーズ)はパワーコードさえ押さえられれば弾けちゃうものが多いんだ。
つまり、これさえ出来ればそれなりに曲を演奏できちゃうってわけ。
パワーコードっていうのは、簡略化されたコード(和音)のことだ。
本来コードというものは3つ以上の音で構成されるもので、例えば、Cメジャーコードならばドミソ、Aマイナーコードならラドミという3音で構成されている。
それを簡単にしたものがパワーコードで、Cのパワーコードならドとソ、Aのパワーコードならラとミ、という感じで2音だけで構成されてるんだ。
ロックギターで歪(ひず)んだ音なら、2個くらい音が鳴ってれば十分じゃないっすかね?っていう力技だね!

まずはA(ラ)のパワーコードを弾いてみよう。
6弦(一番太い弦)を人差し指、5弦を薬指か小指で押さえるんだ。
僕も状況によって使い分けてるし、押さえやすいように押さえればいいよ。
ピックを上から下に振り下ろす感じで5弦と6弦だけをジャーンと弾いてみよう!


あの曲のあの部分みたいだろう?
でも実はAのパワーコードにはもっと簡単な押さえ方があるんだよ。
実はギターには指板上に同じ音がいくつか存在するんだ。


チューニングの項目で触れたけど、何も押さえない5弦の音はAで、上で弾いた6弦5フレットの音と同じなんだ。
これに4弦のミを加えれば、同じ響きのAパワーコードが完成!
つまりこっちだと、人差指1本だけで弾けちゃうってわけだ。


これもピックを振り下ろす感じで5弦と4弦だけをジャーンと弾くんだけど、そうなると6弦が邪魔だよね?
そんな時は親指を握り込んで6弦をそっと触るように押さえちゃおう。
そうすると6弦の音が鳴らなくなるはずだ。
こうやって弦を軽く押さえて音を鳴らなくすることを「ミュート」というんだ。
ミュートの方法にはいくつかあるんだけど、この際だからいろいろ覚えちゃおう!

【ミュートを意識しよう】

「ミュートを制するものはギターを制す」と言ってもいいくらいミュートは大事だ。
常にどうミュートするかを頭に入れて練習してみてほしい。ミュートさえできていれば、例えばパワーコードを弾く際も、弦2本だけを慎重にピッキングする必要はなくなって、よりロックな演奏ができるようになるんだよ。
すぐに上手くはできないだろうから、まずは意識だけしながら徐々に慣れていけばOKだ!

<左手親指でのミュート>

親指で軽く触るだけでいいゾ!

<左手人差指でのミュート>

自然にこんな感じになっていることが多いと思うけど、人差し指の内側を弦に軽く触れさせて余分な音が出ないようにするんだ!

<ブリッジミュート>

ブリッジの少し内側に、チョップするような形で右手を置いたままで弾いてみよう。これまで"ジャーン"だった音が"ズンッ"て感じになったはず。
音を鳴らさなくするだけじゃなく、こうやってキレのいい音を作るためにもミュートは使われるんだ!

幾つかの例を挙げたけど、ミュートなんてとにかく余分な音が鳴らなければいいんだ。
左手のどの指を使ってもいいし、右手をどう使っても構わない。
弾きたいフレーズによってその都度考えて実行しよう!

【パワーコードを使った練習フレーズ】

パワーコードとブリッジミュートを駆使して弾いてみよう!

【ソロを弾くための練習をしよう】

ギターはコードだけじゃなく、リフやギターソロ等で単音を弾く必要が出てくる。
単に1ヶ所だけ押さえてその弦を弾けば良いだけなのだが、華麗な速弾きソロを弾こうと思ったらわりとちゃんと練習しないといけない(笑)。
初心者のうちは指も開かないだろうし、左手を動かすことやピックで弦を捉えること自体が難しいかもしれないけど、こんなものはただ慣れればいいだけなので、毎日ちょっとずつで構わないからギターに触るようにしてみよう。
指の運動になる練習フレーズをいくつか紹介するから、テレビを見ながらでもやってみてくれ!

<フレーズ1>

1本の弦を4本の指を使って上昇下降するクロマチック(半音進行)フレーズだ。
最初はゆっくりのテンポでダウン(振り下ろす)ピッキングのみで弾いてみよう。
慣れてきたらテンポを上げたり、オルタネイト(上下交互の)ピッキングにしてみたりすれば、これだけでもいろんな練習ができる。オルタネイトピッキングの注意点としては、下からピックを振り上げて音を鳴らすアップピッキングの際にビビらないこと。
多分ダウンピッキング時よりも弦にピックが引っかかる感触が強いと思うけど、そこで変にピックに角度をつけて抵抗を減らそうとせず、勇気を持って振り下ろした軌道と同じ軌道で振り上げるようにしよう。
弦なんてそうそう切れないし、引っかかるってことは、それだけ力を蓄えて強く弾けることになるので、いい音が鳴らせるということなんだ。
勇気を持って振り抜こう!

<フレーズ2>

今度は6本の弦を全てつかったクロマチックフレーズだ。
これもゆっくりのテンポとダウンピッキングのみから無理なく始めよう。
譜面は便宜上8小節で終わってるけど、法則に従って小指が12フレットにかかるくらいまで続けても良いだろう。弦移動の苦手もこれで克服!

<フレーズ3>

最後に2本の弦を使ったフレーズだ。
人差し指と薬指を交互に使って押さえていこう。
慣れてきたら今度は中指と小指で弾いてみるといいだろう。
細かい弦移動と各指を独立して動かす訓練になるぞ!

【チョーキングとビブラート】

弦を持ち上げて音程を変えるチョーキングや、弦を揺らして音に表情をつけるビブラートはエレキギターの醍醐味だ。
この2つの技を極めれば、ただ音符をなぞっただけの味気ない演奏に一気に個性を加えることができるんだ。

<チョーキングのやり方>
基本的には薬指をつかって弦を押さえたまま、上(太い弦の方向)に持ち上げるんだ。
ただ、意外と力が必要だから、安定して持ち上げるために中指と人差し指も弦に添えて、手助けしてあげた方が良いだろう。持ち上げる際は、「ドアノブを回すように」なんていう表現を良く使うんだけど、指を曲げ伸ばしするんじゃなくて、指は固定して、人差し指の付け根を支点に手首を回転させて弦を押さえたまま上の方に押し上げる感じの方が安定するし見た目もカッコいい。
太い弦をチョーキングする際は、同じ要領で手首を逆に回して弦を引き下げるとやりやすいと思うよ。


チョーキングした時の音が、ただ押さえただけの音よりも1音上がってれば完璧だ。チョーキングした音と、その場所から2フレット先の押さえただけの音とを聴き比べてみるといい。
耳の良さが問われるが、ビタッと狙った音が出せるように練習しよう!

<ビブラートのやり方>
フォームと身体の使い方はチョーキングと同じで良いよ。
それで大きく弦を持ち上げるんじゃなくて、弦を均一に上下に揺らすようにするんだ。
焦って速く細かい動きになりがちだけど、ゆったりと大きく動かしてみたり、いろんな速度のビブラートを身体に染み込ませよう。
6弦をビブラートするなら下方向に引っ張る量を多く、逆に1弦なら持ち上げる量を多くすることでやりやすくなるだろう。癖になるまで練習しよう!

【ギターソロを弾いてみよう】

チョーキングやビブラートを含んだソロのフレーズを弾いてみよう!
ちなみにこれはAのマイナーペンタトニックスケールという音階を使って作られたフレーズなんだけど、別に知らなくてもいいよ(笑)。
興味がある人は調べてみてくれ!
ピッキングは基本的にダウンでいいゾ!

【総合演奏】

ここまでのテクニックを使って演奏してみよう!
ゆっくりのテンポから始めて、bpm120くらいで弾けるようになれば良いだろう。
ギタリストデビューも近いゾ!