それでもバンドがやりたくて

おいっす! 犬神サアカス團リーダーの犬神明です。

中学生の頃、ロックに魅せられてバンドを始めてから30年以上経っちまった。そんなバンド人生の中で、軽いのりで始めた犬神サアカス團でさえ気がつけば22年も活動している。犬神を始めたのなんか、ついこないだの事のようだけどな。本当にあっという間だったよ。まあ、それだけロックバンドってのは楽しいんだな。ロックバンドのおかげで長い年月、飽きる事なく充実した日々が送れてるわけだ。いまさら辞めるつもりはない。人生は楽しい時間が多いほど幸福ってもんだぜ。

もちろんロックは音楽だ。本来、音楽ってのは聴いたり踊ったりして楽しむものだ。
だがロックには「自分で演奏してみる」という楽しみもあるんだ。簡単そうだと思った曲もやってみると実は難しかったり、逆にカッコいいフレーズがあっさり弾けてしまったりね。また上手なプレイヤーとそうでないプレイヤーの違いも分かるとツウになれる。つまり聴いたり踊ったりするのとは、また違った角度から音楽と向き合えあるんだ。より深いところまで楽しめるんだ。これが凄く面白いわけよ!

そんなわけでね、これを読んでるキミにもロックバンドというものを体験して欲しいんだよ。
ぜひ、やって欲しいんだ! …な? やってみようぜ面白いから!

いざロックバンドをやるとなると最初はシンプルなバンドの簡単そうな曲を選ぶもんだよな。
しかし、それが本当に初心者に適した曲だとは言えないし、それがバンド・アンサンブルの魅力にハマっちまうほど楽しい曲とも限らない。例えば、初心者が「パンクバンドなら簡単だろう」と思ってセックス・ピストルズをコピーすれば、とても曲のスピードについていけないもの。かといって、あまり簡単すぎてもつまらない。
では、初心者にもやさしくて、ロックバンドの魅力を体感するには、何からコピーしたらいいのだろうか?

単刀直入に言おう。そんなキミがコピーすべきは犬神サアカス團だ! どばばばばーん!!

ふふふ。俺たちはこのサイトでは、キミが犬神サアカス團の曲をコピーして、犬神のコピーバンドをするための手助けをしようと思うんだよ。本人達がやるなんて、なかなかイカすだろ?
楽器の選び方から演奏法から白塗りメイクからライヴの心得からマナーまで22年間の活動で培った犬神なりの方法論をあっけらかーんと公開するので、どうか楽しんでくれ。
そして、いつか俺たちと共演しようじゃないか!

2016年10月